文字のみの詩

文字のみの詩

すれ違う人たち

すれ違う人たちの 誰もが何かを感じている そのことがたまに怖くなる
文字のみの詩

「    」

かぎかっこの中で 僕は待っている あなたが台詞をくれるのを 僕は待っている
文字のみの詩

罰を与えてください

なし崩し 僕の日常は 知らない誰かを犠牲にして 今日も続きます まだまだ続きます
文字のみの詩

ひっくり返った勿忘草

ありったけの勿忘草を 空から逆さまに咲かせて
文字のみの詩

星たちの心中

誰もわたしを探したりしない 誰もわたしを思いださない
文字のみの詩

「さようなら」を聴くために

出逢わないほうがよかったと 君は思っているのでしょうか
文字のみの詩

僕だけのもの

誰かが僕を品定め お前に悲しむ権利はないぞと
文字のみの詩

命日

忘れてはいけないと 声に出して確かめるのは それ以外の日は 忘れて過ごしているから
文字のみの詩

溶ける

どうしてこんな気持ちになるのか なんとなく分かっちゃうよ
文字のみの詩

ばくをかいたい

(だから僕は 誰の夢にもならない クズな生活です)
文字のみの詩

そのまま通りすぎて

通り雨 そのまま通りすぎて
文字のみの詩

その声でこの首を

君の声をこの指でひっぱりたい
文字のみの詩

君の明日

君の明日をわたしにください
文字のみの詩

幸か不幸か

そやってあなた 生きてゆくのでしょう そうやってあなた 死んでゆくのでしょう
文字のみの詩

穢汚

青い水彩絵の具が溶けた 水の透明度は もう取り戻せない
文字のみの詩

墓穴

地面には穴を 誰のためでもなく 何のためでもなく
文字のみの詩

おいしく枯れてあげましょう
文字のみの詩

褪せた酸素

いきがじょうずにできないの
タイトルとURLをコピーしました