短編

桜になりたかった彼女《Evoked by さくら(syrup16g)》

「せめて死ぬときだけは、綺麗でいさせて」
文字のみの詩

やさしかった僕

とうに色覚をなくした網膜が 映す空には雲がない
短編

空の向こうには、

空の向こうには、あった。
文字のみの詩

君の明日

君の明日をわたしにください

ともだち

水彩
詩(いちも詩)

どうかもう一度

なめあうために傷つけあった
文字のみの詩

安上がりガール

お金はいらない お金はいらない その代わりに愛を頂戴
短編

青を飲む少女

ワタシには、青いものを左手の薬指でなぞる癖がある。

飛びづらくたって、孤独よりはいい。

水彩
詩(いちも詩)

どうにもできない

苦しいとか悲しいとか 言葉だけは 一人前に覚えたね
詩(いちも詩)

イノチノオモミ

しったこっちゃねえよ 僕以外の誰が死んだって 気にしてたらキリがねえよ やってらんねえよ
短編

トランス・ソロウ

アヤメ、君さえいれば、僕はいつまでだって、生きていける——。
文字のみの詩

命日

忘れてはいけないと 声に出して確かめるのは それ以外の日は 忘れて過ごしているから
短編

ああ、僕は生きている。どうしようもなく。

君が好きで溶けちゃうよ

水彩
詩(いちも詩)

境界線

同じ空を見ていたとしても 君の目とわたしの目は別物で 同じ空を共有できない

モ / ク / セ / イ

油彩
うたよみん

短歌(うたよみん)二百二十五から二百五十六

うたよみんに投稿した二百二十五番目から二百五十六番目の短歌
タイトルとURLをコピーしました