すれ違う人たち

すれ違う人たちに
すれ違ったと思っているのは
ほんとうのところ僕だけで
向こうは僕なんかと
すれ違ったことにすらも
きっと気付きはしないんだろう

すれ違う人たちに
いちいち憧れていたら
心いくつあっても足りないな
向こうは僕なんかに
見向きもしていないのに
馬鹿馬鹿しいったらありゃしない

人いきれの中を抜けて
一息ついたら
また次の人いきれ
息が詰まるよ

すれ違う人たちの
誰もが何かを感じている
そのことがたまに怖くなる
向こうは僕なんかの
感情だなんてこれっぽっちも
きっと興味はないだろうに

だから視線落として
自分の足だけ見て歩こうかな
ゴミが目につくな

誰かになりたい
僕じゃないヒトに
何かになりたい
僕じゃないモノに

2019.05.13

タイトルとURLをコピーしました