短歌(うたよみん)二百五十七から二百八十八

うたよみんに投稿した
二百五十七番目から
二百八十八番目までの短歌です

さよならがへたなわたしでありたくて好きでもないのに泣いてすがった
2022.01.31

好きになるせいでこんなにつらいなら出逢えないほうがしあわせだった?
2022.02.01

もう二度とあえないひとに恋をしてしまって終わる青春だった
2022.02.02

これ以上ないほど好きになったこと十年後には忘れています
2022.02.02

君のこと忘れてしまえばわたしはもうわたしではないナニカになっちゃう
2022.02.02

厭になるほどに優しいその声にけっきょく今日も聴き惚れている
2022.02.03

たとえもう会えないあなただとしても好きでいるのは僕の勝手だ
2022.02.03

さっきふと思いだしたよあの人が守らなかった約束のこと
2022.02.05

苦しいと言えば言うほど申し訳なくてやっぱり苦しいのです
2022.02.05

x があなたで y が僕ならば xイコールy になりたい
2022.02.05

「誕生日ヒロシマだっけ?」違いますここのかですよナガサキですよ
2022.02.06

出逢えないほうがしあわせだったとか言っちゃえるのは出逢えたからだ
2022.02.09

「いいよ」って言われたいだけだったんだ悪くないのに謝ったのは
2022.02.09

お互いにいろいろあるし君からの「ごめんなさい」は捨てていきます
2022.02.09

傍目にはフツウだけれどあなたにも心の傷があるのでしょうか
2022.02.09

言うまでもないことだから言わないと決めていたのに言う「さようなら」
2022.02.09

さよならはさよならのまま放りだせ妙な言葉で飾りつけるな
2022.02.10

もう僕が誰かわかってないようなあなたが僕にやさしく笑う
2022.02.12

これがもうきっと最後と知っていて言いたいことは言えないままだ
2022.02.12

フラれてもいいのだけれど愛される覚悟がなくて「好き」が言えない
2022.02.12

知らなけりゃ欲しがることもなかったと出逢ったことを恨んでばかり
2022.02.13

届けたいことは届かず届けたくないことばかり届いてしまう
2022.02.13

「好きです」と言えばあなたは困ったと思うそれでも言えばよかった
2022.02.16

ああ君に仕えたいんだきっともう二度と会えないわかってるけれど
2022.02.16

あの人が死んでもきっとわたしには知る術がないことが悲しい
2022.02.18

きっともう二度と会えない人だからこうも愛してしまうのだろう
2022.02.18

あたりまえすぎて忘れているけれどあなたも僕もいま、生きている。
2022.02.23

もし君が先に死んだら「ありがとう。おつかれさま」って言わせてほしい
2022.02.23

またいつか逢えるでしょうか身勝手な想いをひとり募らせている
2022.02.23

きっともう逢えることなどないでしょうそれでも好きになってよかった
2022.02.23

「大切なものほどなくす」それたぶんなくしたことに気づきやすいだけ
2022.02.24

謝って許されるとは思わない「ごめんなさい」はただの口癖
2022.03.03

タイトルとURLをコピーしました