短歌(うたの日)2022.03

うたの日に投稿した
2022年3月の短歌です

その声が耳朶にゆっくり沁みてゆくことが昔はしあわせだった
2022.03.03「耳」

ありふれた五月の蝿の鳴いているようなや*しい言葉をはらう
2022.03.04「うるさい」

急すぎる別れけれどもあの人はずっと前からきっと決めていた
2022.03.05「急」

最後まで僕をあだ名で呼ぶことのなかった人に捧げる黙祷
2022.03.06「あだ名」

愛されていたいのかさえわからない急に現実感をなくした
2022.03.07「現実」

「淡かった」「え、わかったの?」「ん、なにが?」(ねえ、わかってて言ってるでしょう?)
2022.03.08「淡」

永遠はいらないいつか終わるからこそただ今を生きていられる
2022.03.10(自由詠)

恋人を「先輩」と呼ぶタメ口のきっかけ逃したまま別れちゃう
2022.03.15「先輩/後輩」

瑠璃色はラピスラズリの色だってどうせ僕には関係ないか
2022.03.16「瑠璃色」

僕はただ僕のしもべでいつだって僕の機嫌をうかがっている
2022.03.17「僕』

あの人の死にたい気持ちコピペして「これはわたしのもの」と言い張る
2022.003.18「コピペ」

身を退いてあなたのことを見ていますこんな想いは伝えられない
2022.03. 20「退」

タイトルとURLをコピーしました